ドイツ語 第11回 「普通は」、「普段は」は会話でよく使うし、覚えやすい単語。

かれこれ多言語学習生活が長くなると
自分の口癖というかよく使う単語があるなと気が付きます。

何か質問されて、「普段は~」とか「普通は~」
などと答えるのは会話でよくありますよね。

例えば
どこでドイツ語話すのと聞かれたら、私だと

Normalerweise spreche ich deutsch in Skype.(ノーマラバイザ シュプレッヘ イヒ ドイチェ イン スカイプ)
普段はスカイプでドイツ語を話す

他にも
1日どのくらい働くのと聞かれたら

Normalerweise arbeite ich acht Stunden(ノーマラバイザ アルバイテ イヒ アフト シュトゥンデン)
普段、私は8時間働きます

さらに
ご飯はどうしているの?と聞かれたら

Normalerweise kocht meine Frau für mich(ノーマラバイザ コフト マイナ フラウ フール ミヒ)
普通は、私の妻が料理します

そうです。一見長い単語ですが
Normalerweiseが「普通は」、「普段は」の意味です。
英語のnomalノーマルと似てるのでわかりやすいですね。
単語の後半のweiseが副詞を意味しているので、長い単語でも苦じゃないですよ。

ドイツ語の単語はこのように一見長い単語も多数ありますが
短い簡単な意味の単語をつなげて、やや複雑な単語を作っている
私が思うに、古くからある言語の特徴をもっています。
逆に言うと、ある程度簡単な単語を知ることで、一気に単語数を増やすことができるし
造語感覚で表現も豊かになると思います。

どんどん楽しくなってきたドイツ語学習。
英語の素地がある日本人にも学びやすい言語なので
楽しんで学習していきましょう!

第1回~第10回のドイツ語学習のまとめ

第10回までのドイツ語学習をまとめてみました。
オリンピックまでまだ3年あります。地道に学習していきましょう。

第1回
学習計画を考えてみる。その1
詳細はコチラ

第2回
ドイツと英語の似ている点と基本の挨拶(おはよう、こんにちは、こんばんわ)
詳細はコチラ

第3回
別れの挨拶をいろいろな表現でしてみる(「次回会おう」、「あとでね」、「じゃあね」など)
詳細はコチラ

第4回
シーン別ドイツ語フレーズ レストラン編その1

詳細はコチラ
第5回
町中でドイツ人と出会った時の会話例1 前半
詳細はコチラ

第6回
町中でドイツ人と出会った時の会話例1 後半
詳細はコチラ

第7回
「この単語で例文をください。」をドイツ語でいうと?
詳細はコチラ

第8回
感情を表すドイツ語表現の数々 その1
詳細はコチラ

第9回
「あなたの代わりに~する」も知っておいて損がない表現
詳細はコチラ

第10回
「久しぶり」や「最近どう?」をさらりと言ってみたい。
詳細はコチラ

タイ語 第29回 「ついて来て」と案内したい時に使ってみよう

オリンピックまであと3年ですが
近年は外国人旅行者が増えてきましたね。
外国人といっても実はアジア人旅行者が多いんですね。

2016年は2400万人中2000万人がアジア人旅行者でした。
タイ人にも日本の観光は人気で
年間90万人とイギリスの29万人やフランスの25万人に比べても
多いですね。

政府は2020年までに4000万を目標にしているらしいですが、
アジア人旅行者の割合は引き続き高いはずなので
いろんな場所でタイ人にも遭遇する事が増えるんじゃないでしょうか。

さて、観光客と話すことがあれば、道案内の可能性もあるでしょう。
トイレやお店、道や駅の場所なんかが想像できますね。

きっと、せっかくだからその場所まで行ってあげたりしたいですね。
そんな時につかえるフレーズです。

ตามผมมา(ターム ポム マー)
私について来て

ผมは「私(男)」ですが省略してもいいです。

そして次のフレーズもさらりと言えると頼もしいですね。

ผมจะนำทาง(ポム チャ ナム ターン)
私が案内する

ผมは「私(男)」
จะは近い未来の意味。英語のis going toのような表現
นำはいろいろ意味がありますが、この時は「率先する」英語のleadです。
ทางは「道」の意味です。

案内する場所まで短い時間かもしれませんが
他にもいろいろ話ができるので
困ってそうなタイ人がいたら声かけてみましょう~

ドイツ語 第10回 「久しぶり」や「最近どう?」をさらりと言ってみたい。

少しずつ学習している言語が慣れてくると
お決まりの挨拶のパターンも増やしていきたくなりますよね!

また、友人との久しぶりの再会の時は、
ただ「こんにちわ」というのも物足りなく感じますしね。

なので
今回で2つのフレーズを覚えて、
表現の幅を広げていきましょう~

Lange nicht gesehen!(ランゲ ニヒト ゲジーン)
久しぶり!

Langeは「長い」 nicht 「~ではない」gesehen「見る、会うの過去分詞」
英語の long time no see と考えれば覚えやすいですね!

次は

Wie läuft's bei dir?(ヴィー ロイフト バイ ディール)
最近どんな感じ

実は「最近」という言葉は含まれていないのですが
いわゆる英語の
How's going? で、最近のことを聞いているので補足という意味で日本語訳に使ってます。

このことからも、直訳で各言語を表現しようとしても無理があるのは
しょうがないですね。
そもそも言語による物事の表現はひとつではないので
言語学習は思考の柔軟性のトレーニングにもなると私は思ってます~

どんどん柔らかい思考にして、
伝えたいことをいろんな表現で言うクセをつけると
言語力も高まると思いますのでがんばっていきましょう!

ドイツ語 第9回 「あなたの代わりに~する」も知っておいて損がない表現

最近、私が多言語学習で気を付けているのは
憶えようとしている単語や例文が、私の日常生活でどのくらい使われるかです。

1日の時間は限られているので、いろいろな言語を日本語並みに単語を覚える
事はかなり難しいが、外国人との会話を楽しむ目的であれば、
覚えるべき単語やフレーズを絞れるし効率的に上達ができるはずと思ってますよ!

今回のフレーズは、例えば日本で旅行しているドイツ人がいて、彼らは日本語が話せないし
相手もドイツ語や英語が分からない時などで

ich frage anstatt von dir(イヒ フラゲ アンシュタット フォン ディール)
私は君の代わりに質問する

anstatt von dir が「~君の代わりに」になるが

代わるのが動詞であればzuをvonの代わりに使う

Ich lerne anstatt zu schlafen(イヒ レルネ アンシュタット ツ シュラーフェン)
私は眠る代わりに勉強する
ただし動詞が代わりになるケースの方が少ないと思うので
文法を憶える程度でいいと思います。

Ich trinke Bier anstatt von Wasser(イヒ トリンケ ビーア アンシュタット フォン ヴァッサー)
私は水の代わりにビールを飲む
こんなフレーズも冗談まじりの会話で話されるかもしれません。

とにかく、単語のみを憶えようとせず
自分が話すか聞くかもしれない例文を作って憶えるのを
お勧めします~

ドイツ語 第8回 感情を表すドイツ語表現の数々 その1

言語によりますが、一説によると1000語憶えると、ある程度の日常会話ができるみたい。
確かに、専門用語や議論は別として、1日の会話で使う単語はそれほど多くない気がする。

仮に1日に10個の単語を憶えるとして、100日で1000個なので
約3か月ちょいがんばれば達成できる。問題は
どの単語から憶えていくかですね。

基本的な動詞から憶えるのは、言葉の成り立ちが動詞からと思っている私にとっては重要で、
次に基本の形容詞や副詞、日々絶対使う名詞、
その後に感情を表現する単語やフレーズを憶えると、会話がより楽しくなるのではないかな思ってます。

感情を表す単語やフレーズといってもたくさんあるので
少しずつ憶えていきましょう!

1楽しみ
Hast du Spaß?(ハスト ドゥ スパーシュ)
君は楽しい?

答えるとしたら
Ich habe Spaß(イヒ ハーベ スパーシュ)
私は楽しい
とか
Es macht mir Spaß(エス マフト ミール スパーシュ)
私は楽しい

machtはmachen 英語のmakeですが、よくドイツ語では使われる動詞なので
重要です。

2飽きる
楽しいの反対の感情ですが、
Ist dir langweilig(イスト ディール ラングバイリヒ)
君は飽きた
少し文章を間違えると意味が大きく変わるので気を付けてくださいね。

Bist du langweilig(ビスト ドゥ ラングバイリヒ)
君はつまらない人?
これは失礼な質問なので基本ドイツ人は使わないようです。

3、心配する
外国では意思疎通が難しいことも多く使われる頻度は高そうです

Ich mache mir Sorgen um dich(イヒ マヘ ミール ゾルゲン ウン ディヒ)
私はあなたを心配している

この例文は人称代名詞を理解するのにも役立ちそうです。
Ich 「私は」、mir「私に」mich「私を」ですが最初は細かく考えすぎず
いろいろな例文に触れて、自然と憶えるようにしていきましょう!

ざっと3つですが、まだまだ感情を表す言葉はあるので
またあらためて紹介しますね~

ドイツ語 第7回 「この単語で例文をください。」をドイツ語でいうと?

私がいろいろな言語を勉強してきて思うのは
単語帳を作って、単語だけを憶えようとしても
全然頭に入ってこないこと。

人によっては、単語だけでも記憶してしまうのかも
しれないけど、私には難しいのです。

だから例文を作って単語を憶えるようになって
改めて気が付いたのは、例文から文法が自然と
理解できるし、関連する単語も憶えられる。
さらに自分が例文を作る場合は、
脳の文章構成領域が活性化されるようで
ぜひお勧めしたいです!

また、ドイツ語は口語と文語で使う日常的な動詞も違うので
同義語が多い言語のような気がします。

同義語の理解のためには、どんな文章で使われるのか
どんな状況で使うのか、また文法的には違うのかなどを
知る必要がありますよね。

そのためにはやっぱり、新しい単語を知った時には
例文を教えてもらうのが一番だと思います~

そんな時使いたいフレーズです。
さらりと言えるようになれると学習の幅が広がりそうです。

Geben sie mir ein Beispiel mit diesem Wort
この単語で例文をください

Geben sie mirは英語のgive meの丁寧語です。
ein Beispiel は「1つの例」という意味
mit diesem Wort は英語のwith this word

こういったお決まりフレーズは特に難しく考えず、丸覚えがいいです。

ふと自分でまとめた例文が500パターンありました。
まずは1000個を目標に学習していきます!